HOME>イチオシ情報>ベストなタイミングを知るには情報が必要です

状況の想定をする

家の模型とお金

収益物件を売却する事情は人によって異なります。家賃収入が落ちたり土地価格が下がったりして、投資用不動産としての 価値があまりなくなった時に売却する場合もあります。家賃収入が落ちた時などは、早めに売却をしたい人が多くなります。不動産投資をする時は視野を広げる必要があります。より魅力的な物件を見つけた時は、そのための資金を考えます。そうした物件を購入するために、今所有している収益物件を売却する場合もあります。収益物件を所有するには資金金が必要で、そのための資金を借入金で用意する場合も多いです。こうした借入金の返済が収益物件による利益で回収できた時にその物件を売却することも多いです。

費用の想定をします

朱駅物件を売却する際には税金を想定します。収益物件を売却する時の税金として、譲渡所得税があります。不動産譲渡をした時に発生する売却益には所得税と住民税が課せられます。不動産にかかる税金は所有期間によって異なり、5年以上と5年以下では税率は異なり。所有期間が5年以下ですと、5年以上よりも税率が高くなります。不動産を売却する時には印紙税も発生します。収益物件を売却する時にかかる費用については十分に想定するのが大切です。

様々な手数料を想定する

収益物件の売却は仲介会社に依頼することが多いです。仲介手数料は仲介会社によって異なっています。収益物件を売却する時にかかる実費の想定も大切です。交通費なども実費として想定する必要があり、収益物件売却までにかかる費用の想定は上手く行う必要もあります。売却までにかかる時間が費用に与える影響は大きいです。宣伝力のある仲介会社は、売却までの期間が短い傾向があります。仲介会社を選ぶ際には仲介手数料だけでなく、こうした宣伝力も考慮する必要があります。

広告募集中